冬の光熱費

      2017/02/28

冬の節約,電化製品,冷え性

今回は冬の光熱費について

 

エアコン、ファンヒーター、
赤外線ヒーター、石油ストーブ、
床暖房、こたつなど様々な暖房器具がありますね。

 
寒い冬には必ずなにかしら
暖房器具を使うかと思いますが、
気になるのは光熱費です。

 

 

一般的な家庭で冬の光熱費は15,000円~20,000円くらいです。

 

オール電化だとガス代は0円で
電気代のみ10,000円を切る方もおられますね。

 
ちなみに我が家は電気とガスを合わせると
30,000円オーバーでしたが節約で20,000円程度に下がりました。

 
それでは節約について簡単ですがお話します。

 

まずはガス代節約について

 

お風呂場にあるガスの
操作パネルの説明書を読んでください。

 
保温時間が標準では
4時間になっていますが
これを0時間に変更しましょう。

 
これだけでかなり安くなります。

 

 

お風呂が溜まったらすぐに入るようにします。
お風呂は家族みんなで入りましょう!

 
追い焚きや足し湯をする必要がなくなり
ガス代の大幅な節約になります。

 

しかも家族の仲が抜群に良くなります。

 

食器などの洗い物の際は、
お湯の温度は冷たくない程度の
ぬるま湯にすることで節約できます。

 
ガスコンロはよっぽど無茶をしない限り、
たいしたガス代はかかりません。

 

続いて電気代について

 

エアコンの電気代が
一番高いです(汗)

 
8畳用のエアコンを1日中つけっぱなしにすると
1ヶ月で約10,000円です(汗)

 
こたつなら1日6時間使って
1日80円1ヶ月で2,400円。

 

 

電気ストーブやホットカーペットも
こたつとほぼ同じかそれ以上電気代がかかります。
暖房器具って高いですよね。

 

寝るときに寒いからって
エアコンをつけっぱなしにすると
それだけで1ヶ月3,000円はかかってます。

 

ではどうすればよいか?

 

遠赤外線あったか電気マットホッとぽっかを使います

 

『遠赤外線あったか電気マット ホッとぽっか』は、
1日6時間使ったとしても1日10円、
1ヶ月たったの300円です。

 
遠赤外線あったか電気マットホッとぽっかを
使用するだけで1ヶ月5,000円は節約できます。

 

オススメの方法

 

エアコンの設定温度を低めにして、
こたつやホットカーペットや電気ストーブをやめ、
ユニクロのウルトラライトダウンを着ます。

 
そして『ホッとぽっか』を
ひざ掛けとして使うと全く寒さが気になりません。

 

 

寝るとき寒い場合は、
布団の中に入れて湯たんぽや
電気あんかの替わりに使います。

 
遠赤外線で温めるため、
足元を温めるだけで身体の芯まで
ぽっかぽかになります。

 
めんどうなお湯の入れ替えや、
低温やけどの心配も一切ありません。

 

 

絶対的な自信をもってオススメいたします!

 
「まるで一晩中お風呂に入ってるみたい」
「もうこれなしでは寝れない」
との声を多数頂いておりますので、
安心してお試しください!

 

まとめ

 

①お風呂はお湯が溜まったらすぐに家族で仲良く一緒に入る。

 

②消費電力の高い暖房器具はあまり使わない。

 

③暖房器具の代わりに
遠赤外線あったか電気マット ホッとぽっかを使う。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

クリックしてくれると更新の励みになります。

足が冷たくて眠れない

 - 冷え対策 , , ,