超簡単で続けられる乾布摩擦のやり方(これタダで教えていいのかな?)

      2017/03/16

kids_kanpumasatsu

なぜ乾布摩擦をすると風邪をひかないのか?の続きです。

 

超簡単な乾布摩擦のやり方

インフルエンザや風邪が流行っていますね。大丈夫ですか?

 

実は僕も子供たちに移されてちょびっとだけ風邪を引きました・・・
しかし、いつもならしんどくて仕事も休まないといけないぐらいの風邪っぴき野郎ですが、
乾布摩擦のおかげで最小限に留まりました!

 

 

それではもったいぶらずにお教えしますね。

 

 

超簡単な乾布摩擦のやり方(マッサージ治療院てぃーだ院長完全オリジナル)

 

①ちょっとガサガサしたタオルを用意する。
(あまり高級なタオルだと効果は半減します)

 

②タオルを適当なサイズに折り上半身のおなか側をゴシゴシする。

 

③毎日継続する。

 

以上。

 

 

「え!?たったこれだけ」と思ったそこの風邪っぴきさん、
ほんまにこれだけです。

 

 

詳しい説明

 

①ガサガサしたタオルを使うことにより、
皮膚への刺激が強くなります。
乾布摩擦はツボ刺激(皮膚刺激)が目的で、
そのツボをタオルで刺激しようというものなんです。

 

②おなか全体をゴシゴシ、
鎖骨の下辺りをゴシゴシ、
向きや方向は一切無視の方向で。

 

乾布摩擦は服を脱いでやるイメージが強いですが、
寒いし面倒なので脱がなくてOK!

 

本当は背中側もやったほうがいいですが面倒なのでナシ!
(ちょっと風邪っぽいなーと思うときは、おなかも背中も腕も脚も体中の皮膚に刺激を与えることをオススメします)

 

③そして一番やっかいな毎日継続・・・・・
乾布摩擦は効果を感じるまで数ヶ月は必要で、
ふつう効果を感じるまで継続できないです。

 

とっておきの技

 

毎朝顔を洗いますよね?

 

冬の時期だとお湯が出るまで少し時間がかかるので、
その間にタオルでゴシゴシです!(時間にするとたったの30秒)

 

そのタオルで顔を拭けば一石二鳥!
以上です。

 

 

僕は今まで、風邪を引いてしんどいときに
「この風邪が今すぐ治るんなら10万出せる」
とよく言ってましたが、あなたはどのように考えますか?

 

 

本当に今すぐ健康な状態になれるなら10万でも100万でも、
なかには1000万、1億出してもいいって方もおられるかもしれません。

 

医療制度維持のために

 

そんなすばらしい価値のある乾布摩擦をぜひ続けて、
風邪なんか引かない元気モリモリの身体を手に入れてください!

 

 

そして、
国民医療費を38兆5850億円→35兆3300億円ぐらいまで減らしましょうよ!
(乾布摩擦の価値は3兆2550億円)

 

 

厚生労働省の試算データでは、
2025年の医療費は54兆円となっていますが、
実際には60兆円を超えるという見方もあります。

 

このままでは税収よりも
医療費のほうが多くなり医療制度が崩壊・・・
って日も遠くない気がします。

 

 

何が何でも乾布摩擦をして健康でいてください。
よろしくお願いいたします!

 

 

ためになったと思ったらクリックをお願いします→冷え性,末端冷え性

 - 風邪 ,